トップ > むし社の書籍 > 月刊むし・昆虫図説シリーズ > 月刊むし・昆虫図説シリーズ11 日本の冬尺蛾

月刊むし・昆虫図説シリーズ11 日本の冬尺蛾 月刊むし・昆虫図説シリーズ11 日本の冬尺蛾 月刊むし・昆虫図説シリーズ11 日本の冬尺蛾 月刊むし・昆虫図説シリーズ11 日本の冬尺蛾 月刊むし・昆虫図説シリーズ11 日本の冬尺蛾 月刊むし・昆虫図説シリーズ11 日本の冬尺蛾
月刊むし・昆虫図説シリーズ11 日本の冬尺蛾 月刊むし・昆虫図説シリーズ11 日本の冬尺蛾 月刊むし・昆虫図説シリーズ11 日本の冬尺蛾 月刊むし・昆虫図説シリーズ11 日本の冬尺蛾 月刊むし・昆虫図説シリーズ11 日本の冬尺蛾
月刊むし・昆虫図説シリーズ11 日本の冬尺蛾
拡大画像

月刊むし・昆虫図説シリーズ11 日本の冬尺蛾

著者 中島秀雄・小林秀紀

形態 A4判・152ページ(カラープレート47ページ)・上製本

発行日 2017年10月25日

フユシャク・ファン待望の一冊,ついに刊行!

●成虫標本写真(14 プレート)

日本産のフユシャク35 種503 頭(♂ 384 頭,♀119 頭)の標本を,14 カラープレートに図示(♂は原寸大,♀は1.3 〜 1.5 倍に拡大)しており,地域変異や個体変異などがひと目で分かる。

●生態写真(33 プレート)

♂,♀,交尾個体,卵,幼虫など,全種について多数の美しい生態写真を掲載。

●解説は採集難易度(♂,♀,交尾ペアをそれぞれ別に評価),分布,寄主植物,幼虫,出現時期,配偶行動,産卵習性,交尾ペアの採り方,採集例など,フユシャクの魅力を詳しく紹介しており,さらに全種の分布図も掲載。

●解説の後半は,著者二人の長年にわたるフユシャクにかける熱い,熱い,熱すぎる,尋常ならざる思いのたけを洗いざらいぶちまけた,すさまじいエッセイ集。

●巻末には,著者(中島氏)の55 年におよぶフユシャクの全調査データ(日時,場所,採集種)と,1090 の交尾ペアの採集データを掲載。

目次

●はじめに
●冬尺蛾とは

●カラープレート
   標本プレート(Pl. 1~14)
   生態プレート(Pl. 15~47)

●解 説

●冬の林に魅せられて
   フユシャクとの戦いは続く
   チャオビフユエダシャクの採集に挑戦
   クジュウフユシャクを求めて九重連峰へ
   伊豆諸島のウスバフユシャクの調査
   フチグロトゲエダシャク 1
   フチグロトゲエダシャク 2 
   カバシタムクゲエダシャクの大きな壁
   ヒメクロオビフユナミシャクの雌の探索
   シロオビフユシャクに2種
   ナカジマフユエダシャクの誕生と交尾ペア
   フユシャクブーム
   新たなフィールド
   多摩湖のナミスジフユナミシャク
   ミヤマフユナミシャクの新産地開拓
   屋久島にフユシャクを求めて
   シロトゲエダシャクの配偶行動を解明
   ヤマウスバフユシャク・シュゼンジフユシャクの記載
   チャオビフユエダシャク再び
   フユシャクの集大成に取りかかる
   原点回帰の三ツ池公園
   秋田県のサザナミフユナミシャク
   台湾のフユシャク採集
   中国広東省南嶺での調査
   中国嘉陵江源流(秦嶺)へ
   フユシャク1,000 ペア採集をめざして
   カバシタムクゲエダシャクの再発見
   カバシタムクゲエダシャクの幼虫の飼育と野外での調査
   実録 “カバシタムクゲエダシャク物語” 1
   フユシャクの県別分布状況
   サクフウフユシャクを自分の手で
   実録 “カバシタムクゲエダシャク物語” 2
   終着駅はあるのか

●冬の夜にランタン
   大沼
   トギレエダシャク
   カバシタムクゲエダシャク
   札掛のスジモンエダシャク
   玉原高原
   狭山湖,イチモジ,シロトゲ
   フチグロトゲエダシャク
   ダルマフユシャク(= サクフウフユシャク)
   ヒメクロオビフユナミシャク
   北海道の冬尺採り
   ナカジマフユエダシャク,西湖
   オオチャバネフユエダシャク
   ウスモンフユシャクとオニハナフユシャク

●冬尺第二世代

●フユシャクガ調査記録
●フユシャクガ交尾ペア 採集記録


※この書籍は一般書店でのご購入は出来ません。
製造元 : むし社
価格 : 7,040円(税込)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ